コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須知徳平 すち とくへい

1件 の用語解説(須知徳平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須知徳平 すち-とくへい

1921-2009 昭和後期-平成時代の小説家,児童文学作家。
大正10年7月28日生まれ。北海道,岩手県で中学,高校の教師をつとめ,のち盛岡大教授。その間の昭和37年「ミルナの座敷」で講談社児童文学新人賞を,38年岩手の農・漁民のくらしをえがいた「春来る鬼」で吉川英治賞をうけた。平成21年3月17日死去。87歳。岩手県出身。国学院大卒。本名は茂。筆名はほかに佐川茂。著作はほかに「日本の恐ろしい話」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

須知徳平の関連キーワード自動車事故背泳吹雪ヴェナイトバタフライ山田朱莉学校法人染料工業登録記念物CitrusKiss

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone