コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭部外傷のいろいろ とうぶがいしょうのいろいろ

家庭医学館の解説

とうぶがいしょうのいろいろ【頭部外傷のいろいろ】

 頭部外傷のうち、頭皮(とうひ)(頭の皮膚)が切れて、傷口の開いているものを開放性頭部外傷(かいほうせいとうぶがいしょう)といい、かなりの出血になります。頭皮は血管が豊富に存在するところで、切れると出血量が多くなるのです。
 これに対し、頭皮に傷のついていない頭部外傷を閉鎖性頭部外傷(へいさせいとうぶがいしょう)といい、打った部位が腫(は)れて「こぶ」ができます。
 開放性頭部外傷のうち、傷が脳にまで達しているものを穿通性頭部外傷(せんつうせいとうぶがいしょう)、脳は傷ついていないものを非穿通性頭部外傷(ひせんつうせいとうぶがいしょう)といいます。当然、穿通性頭部外傷のほうが重症ですが、外見からはどちらなのかを判断することはできません。
 また、頭の傷の有無にかかわらず、頭を打ったときの衝撃で、脳が損傷を受けていることもあります。
 頭部外傷を負ったときは、なんでもなさそうでも、早く脳神経外科医の診察を受けておく用心深さが必要です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android