コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭部外傷のいろいろ とうぶがいしょうのいろいろ

1件 の用語解説(頭部外傷のいろいろの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

とうぶがいしょうのいろいろ【頭部外傷のいろいろ】

 頭部外傷のうち、頭皮(とうひ)(頭の皮膚)が切れて、傷口の開いているものを開放性頭部外傷(かいほうせいとうぶがいしょう)といい、かなりの出血になります。頭皮は血管が豊富に存在するところで、切れると出血量が多くなるのです。
 これに対し、頭皮に傷のついていない頭部外傷を閉鎖性頭部外傷(へいさせいとうぶがいしょう)といい、打った部位が腫(は)れて「こぶ」ができます。
 開放性頭部外傷のうち、傷が脳にまで達しているものを穿通性頭部外傷(せんつうせいとうぶがいしょう)、脳は傷ついていないものを非穿通性頭部外傷(ひせんつうせいとうぶがいしょう)といいます。当然、穿通性頭部外傷のほうが重症ですが、外見からはどちらなのかを判断することはできません。
 また、頭の傷の有無にかかわらず、頭を打ったときの衝撃で、脳が損傷を受けていることもあります。
 頭部外傷を負ったときは、なんでもなさそうでも、早く脳神経外科医の診察を受けておく用心深さが必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

頭部外傷のいろいろの関連キーワード脳浮腫後遺症後頭部頭角頭部頭部浸食外傷性ショック脳低温療法頭皮ケア頭皮マッサージ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone