顔面けいれん症(読み)がんめんけいれんしょう(英語表記)facial spasm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顔面けいれん症
がんめんけいれんしょう
facial spasm

発作的で,ほとんどが一側性の不規則な顔面筋けいれんが周期的に生じるもので,特に眼輪筋を中心とすることが多い。けいれん性チックと類似しているが,疼痛を伴わない点で区別できる。症候性のものと本態性のものとがある。前者は発作間欠期に神経麻痺がみられることが多く,後者は異常がみられない。原因不明で局所的な処置としては,顔面神経を注射針で刺して,若干の期間,けいれんを消失させる方法もある。最近は頭蓋内神経血管減圧手術が開発され,治癒する例が多くなってきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android