コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

願ほどき がんほどき

世界大百科事典 第2版の解説

がんほどき【願ほどき】

神仏への立願解くこと。葬儀に伴うものと,病気平癒の場合に行うものとがある。死者が生前に願を掛けていた場合は,この世に思いを残さずに成仏できるように出棺の際にさまざまな呪法が行われる。これは願戻しともよばれ,扇のかなめをはずして屋根に投げたり,生前の着物を逆さに振ったり,あるいは茶碗を割ったり,米や豆などをまいたりする。これらの呪法はいずれも死霊がこの世に戻って来れないように,死霊を除去したりこの世と絶縁させるものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

願ほどきの関連キーワード果たす・果す返り申し再度山沼隈踊

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android