コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

願掛け がんかけ

4件 の用語解説(願掛けの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

願掛け
がんかけ

神仏などに願い事をする呪的行為をいう。個人祈願と共同祈願がある。一般に前者が多く,病気の治癒,商売繁盛厄払い縁結び,合格祈願などがその内容としてあげられる。後者は,村全体の生活がうまくいくようにと祈願するもので,雨乞い虫送り風祭などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

願掛け【がんかけ】

祈願。雨乞い,豊作大漁,病気平癒,厄除(やくよけ)祈願など種類が多い。個人祈願や代参もあるが,千人垢離(ごり),七人籠(こも)りといって共同で祈願したり,百度参り千社参りと度数を重ね,灯籠(とうろう),鳥居,絵馬,わらじ,毛髪などを奉納して祈願の効果をあげようとする。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

がんかけ【願掛け】

神仏に願いごとをすること。普通は病気平癒,安産,縁結び,厄払い,商売繁盛など個人祈願がほとんどであるが,雨乞い日和乞いなど村落生活が順調に営まれるように共同で祈願する形式もある。祈願の方法は願の種類によってさまざまであるが,百度参り千度参りといって神社仏閣に日参したり,千垢離(ごり)・万垢離といっておおぜいで何度も水垢離をとるもの,米や塩など特定の食物を一定期間絶つことを神仏に誓うもの,毛髪や絵馬などを奉納するものなどがよくみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

願掛け
がんかけ

神仏に祈願するための方法。祈願の形式には、地域社会の生活を円滑に営むために行う共同祈願と、個人の事情によって行う個人祈願とがある。昔にさかのぼればさかのぼるほど、共同祈願のほうが盛んであったとされているのは、個人祈願は、個人の願いを神仏が聞き届けるという意識が生じて初めて成り立つと考えられているからであろう。いずれにしても、病気や厄払いから、商売繁盛や学業成就を念願して願掛けをする。願掛けには多種にわたる様式があるが、祈願の内容が困難なものほど、そしてその心情が痛切になればなるほど複雑な方式となりやすい。広い意味では参拝もその一種とみなすことができる。しかし、一度では充足した気になれないと、21日間などと期限を決めて日参することになる。あるいは百度、千度と参詣(さんけい)する。お百度を踏むとか千度参りというのはこのことである。水垢離(みずごり)といって水をかぶって心身を清める方式もある。神仏にお参りする前に身を清めたものであったのであろうが、これが独立して願掛けの方式となっている。これもまた千垢離、万垢離と発展する。日常生活から離れて、一定期間神社や特定の場所に閉じ籠(こも)る、お籠りも代表的なものといえる。家族とは別火の生活をするわけで、その間に垢離をとって、清浄な状態を保持し祈願を続ける。また、絵馬(えま)などを奉納することもある。目の悪い人が「め」という文字を年齢の数だけ記したものや、耳の悪い人が錐(きり)を奉納しているのをみかける。願いがかなったら何かを奉納するという方式とは逆に、願いがかなうまで好物を食べないということがある。茶断ち、酒断ち、塩断ちなど、断ちものというのがこれである。もっと積極的なものになると、神仏を縄で縛り上げ、願いをかなえれば縄を解いてやろうという、通称「しばられ地蔵」のようなものまで出てくる。死者が生前に願掛けをしていた場合に、立願(りゅうがん)を解く「願もどし」が行われる。扇の要(かなめ)を外して屋根に投げたり、穀物を棺や屋根に撒(ま)いたり、生前に着用していた着物を逆さに振ったりする。死者が願掛けのために成仏できなくなることを気遣った、周囲の心遣いによるものである。[佐々木勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

願掛けの関連キーワード願状願立て啓白所願願い事平癒発願願掛乞ひ祈む逆罰

願掛けの関連情報