コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

願戻し がんもどし

2件 の用語解説(願戻しの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

願戻し
がんもどし

本来は生前,願掛けした者をその死に際して第三者がその願を解き明かす呪的行為。願果しともいわれる。一般には生前に願掛けをしていたかどうかに関係なく,血縁でない者がすべての死者に対して行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

願戻し
がんもどし

死者が生前に、神仏に対して願(がん)掛けをしていた場合、心残りがないようにと、残った人がその諸願を取り消してやろうとする呪法(じゅほう)。葬式直後、または7日目ごろまでに行う。その方法は種々あるが、扇のかなめを外して屋根を投げ越したり、生前の茶碗(ちゃわん)を壊したり、着ていた着物の裾(すそ)を持って振ったりする。神との縁を切って、仏の済度(さいど)を受けさせようとする趣旨に基づくものである。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の願戻しの言及

【願ほどき】より

…死者が生前に願を掛けていた場合は,この世に思いを残さずに成仏できるように出棺の際にさまざまな呪法が行われる。これは願戻しともよばれ,扇のかなめをはずして屋根に投げたり,生前の着物を逆さに振ったり,あるいは茶碗を割ったり,米や豆などをまいたりする。これらの呪法はいずれも死霊がこの世に戻って来れないように,死霊を除去したりこの世と絶縁させるものである。…

※「願戻し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

願戻しの関連キーワード願掛け・願掛三年の喪七等死に掛け死に際茶断ち横様の死に願掛死に掛ける無駄死に

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone