類感呪術(読み)るいかんじゅじゅつ(英語表記)homoeopathic magic

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

類感呪術
るいかんじゅじゅつ
homoeopathic magic

イギリスの人類学者 J.G.フレーザーによって提唱された共感呪術の2つの型のうちの一つ。模倣呪術とも訳される。特定の個人に呪いや危害を加えたいときに,木や紙などで相手の人形をつくり,あたかもそれが本人であるかのように呪いの言葉を浴びせたり,刃物や釘などで傷つけたりする行為をいう。似たものは似たものを生じる,あるいは結果はその原因に似るという類似律に基づくとされる。日本の丑の時参りでわら人形に五寸釘を打った行為もこれにあたる。 (→伝染呪術 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の類感呪術の言及

【呪術】より

…この見解はマリノフスキーによって否定されたが,呪術信仰の背後には,もちろん社会によって異なるが,当該社会で信じられている力の観念があると考えられる。
[呪術の諸類型]
 呪術の基盤にある原理によってJ.G.フレーザーは呪術を類感呪術homeopathic magicと感染呪術contagious magicとに分けた。類感呪術は模倣呪術imitative magicともいい,類似の原理に基づくもので,たとえば雨乞いのため火をたいて黒煙を出し,太鼓をたたいたり,水をふりまくのは雨雲,雷,降雨のまねである。…

※「類感呪術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android