コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風早実種 かざはや さねたね

美術人名辞典の解説

風早実種

江戸中期の公卿。風早家の祖。姉小路公景の子。仕えて正二位権中納言に至る。千宗旦に学び、茶・香道を能くし一派を開いた。宝永7年(1710)歿、79才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

風早実種 かざはや-さねたね

1632-1711* 江戸時代前期-中期の公卿(くぎょう),香道家。
寛永9年8月17日生まれ。姉小路公景の次男。風早家の祖。千宗旦(そうたん)に茶をまなび,かたわら烏丸(からすまる)光広に師事して香の奥義をきわめ,風早流をおこした。正二位,権(ごんの)中納言。宝永7年12月24日死去。79歳。通称は三位。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

風早実種の関連キーワード大江宏隆風早公長

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android