コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風月孫助(初代) ふうげつ・まごすけ

1件 の用語解説(風月孫助(初代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

風月孫助(初代)

生年:生没年不詳
江戸前期から幕末まで続いた名古屋の老舗書肆の初代。堂号は風月堂。長谷川氏。孫助は代々の称。京都の風月庄左衛門に奉公した初代が,その出店として開業。店に残る芭蕉の真蹟とともに,芭蕉が主人(俳号,夕道,初代または2代)に即吟の発句を与えた(1687.12)話が有名。風月堂は明和(1764~72)ごろから『蘿葉集』など横井也有の著や暁台の俳書,藩儒岡田新川らの著書などを出版し,藩版や唐本購入の藩の御用も務めた。明和8(1771)年の得意先との関係が「下郷千蔵宛風月孫助書簡」(長友千代治『近世の読書』に翻刻)によって知られる。<参考文献>岸雅裕「尾州風月堂の出版」(『名古屋市博物館研究紀要』8集)

(安永美恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風月孫助(初代)の関連キーワード関戸守彦御城碁海北派足高老舗名古屋扇名古屋甚句大有り名古屋の金の鯱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone