風流夢譚(読み)フウリュウムタン

デジタル大辞泉の解説

ふうりゅうむたん〔フウリウムタン〕【風流夢譚】

深沢七郎の短編小説。昭和35年(1960)、雑誌「中央公論」に発表。夢の中の話という設定のフィクションだが、皇族が処刑される描写があることなどから物議を醸す。右翼団体は抗議運動を展開し、出版元である中央公論社の社長宅が右翼少年に襲われ、1名が死亡するというテロ事件も発生し、著者は一時期世間から身を隠した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風流夢譚の関連情報