飛驒変成岩(読み)ひだへんせいがん

世界大百科事典内の飛驒変成岩の言及

【飛驒高地】より

…西は両白山地で限られ,その大部分は神通川上流の宮川と高原川,それに庄川の流域であり,南部では南流して木曾川に注ぐ飛驒川(益田(ました)川)の上流域が含まれる。高地の名はあるが,標高1000~1500mの中山性の早壮年期山地で,片麻岩や石英斑岩などのいわゆる飛驒変成岩が広く露出し,古生層と中生層を伴っている。高地中には山頂の平たんな峰がかなり多く,これらは隆起した準平原の遺物と考えられ,1500m,1300m,1100mの3段階が認められる。…

※「飛驒変成岩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android