コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変成度 へんせいど

岩石学辞典の解説

変成度

grade of metamorphism: 岩石が受けた圧力および温度によって決まる岩石の変成作用の時期または程度.
(A)ローゼンブッシュは花崗岩岩体の周囲の熱変成作用に変成帯(metamorphic zone)を設けて区別し変成作用の推定を行った.変成帯とはある特定の変成度(metamorphic grade)で特徴づけられるもので,次の三帯を推定した[Rosenbusch : 1877].(1) 点紋スレート帯(spotted slate),(2) 点紋雲母片岩帯(spotted mica-schist),(3) ホルンフェルス帯(hornfels).
(B)グルーベンマンは変成岩の分類に温度,圧力を考えて,次の三帯を考えた[Grubenmann : 1907].(1) エピ帯(epizone),(2) メソ帯(mesozone),(3) カタ帯(katazone).
(C)ハーカーは粘土質岩石の累進的な熱変成作用の場合に,次の三つの変成度を考えた[Harker : 1932].(1) 低度 : 点紋スレートの形成,(2) 中度 : 岩石は完全に再結晶化する,(3) 高度 : 新しい変成鉱物によって置換される.
(D)ティレーは変成度の等しい線を考え,異なった岩石が類似した温度圧力条件で平衡に達した場合には,これらの岩石はアイソグレード的(isogradic)であるとした[Tilley : 1924].
metamorphic grade: 変成作用の相対的な強弱の程度を表すために様々な考えがある.これについては変成度(grade of metamorphism)を参照のこと.ティレーの考えでは,変成度は岩石が到達した変成作用の時期または程度をいう[Tilley : 1924].例えば低度の変成作用は緑色片岩相であり,高度の変成作用はエクロジャイト相という.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

変成度の関連キーワードプレーナイトバンペリアイトメタグレイワッケ相多重変成的ダイアフトレシス楯状地(たてじょうち)ブッフ型変成作用ダイアテクシス低レベル花崗岩緑簾石角閃岩相アイソグラッド累進変成作用苦礬ざくろ石後退変成作用ハウスマン鉱三波川変成岩御荷鉾変成岩圧力温度配列累進脱炭作用累進脱水作用接触変成帯ヤコブス鉱最高変成度

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android