飛鳥川の淵瀬(読み)あすかがわのふちせ

  • あすかがわ
  • の 淵瀬(ふちせ)
  • 飛鳥川

故事成語を知る辞典の解説

人の心や身の上が変わりやすいことのたとえ。

[使用例] 淵瀬ことなる飛鳥川の明日よりは何とせん、もと富家に人となりて柔弱にのみ育ちし身はれと覚えし芸もなく[樋口一葉*別れ霜|1892]

[由来] 「古今和歌集―雑・下」に収録された、よみ人しらずの和歌から。「世の中は 何か常なる 飛鳥川 昨日の淵ぞ 今日は瀬になる(世の中にいつも変わらないものなんてあるだろうか、飛鳥川だって昨日は水が流れていた場所が、今日は干上がっているのだから)」。「飛鳥川」は、奈良県を流れる川。

〔異形〕飛鳥川の人心

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android