コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)の正殿跡 あすかきよみはらのみやのせいでんあと

1件 の用語解説(飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)の正殿跡の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)の正殿跡

2005年3月に東西23.5m、南北12.4mの高床式の壮大な建物跡が確認され、673〜694年の天武天皇の宮とされる奈良県明日香村の遺跡。切り妻造りで前後2カ所に階段が取り付けられ、周囲は石敷き。東西に渡り廊下と細長い建物が続き、南西に池を配置。四隅に旗のようなものを立てるためと推測される穴の跡もあった。06年3月には、北隣からも同規模の宮殿跡が見つかった。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)の正殿跡の関連キーワード篠山盆地内裏鳥取砂丘平城京六甲山地東西東西東西南北東西南北の人東西屋能登の花ヨメ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone