コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)の正殿跡 あすかきよみはらのみやのせいでんあと

知恵蔵の解説

飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)の正殿跡

2005年3月に東西23.5m、南北12.4mの高床式の壮大な建物跡が確認され、673〜694年の天武天皇の宮とされる奈良県明日香村の遺跡。切り妻造りで前後2カ所に階段が取り付けられ、周囲は石敷き。東西に渡り廊下と細長い建物が続き、南西に池を配置。四隅に旗のようなものを立てるためと推測される穴の跡もあった。06年3月には、北隣からも同規模の宮殿跡が見つかった。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)の正殿跡の関連キーワードラムサール条約日本のラムサール条約登録湿地小泉純一郎内閣APEC[各個指定]工芸技術部門リー イーユンアンドルー ジョーンズロナウジーニョいたばし太郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android