コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食らひ詰め クライヅメ

デジタル大辞泉の解説

くらい‐づめ〔くらひ‐〕【食らひ詰め】

《「位(くらい)詰め」の「位」に「食らい」を当てたもの》じりじりと動きのとれない状態になって行くこと。また、生活が苦しくなること。
「すこしの利潤を見かけて―になりて、内証かなしく」〈浮・永代蔵・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

食らひ詰めの関連キーワード内証