食(い)下(が)る(読み)クイサガル

デジタル大辞泉の解説

くい‐さが・る〔くひ‐〕【食(い)下(が)る】

[動ラ五(四)]
食いついてぶら下がる。食いついて離れないでいる。
「尻尾には最前の黒いものが…―・って居る」〈漱石吾輩は猫である
強い相手に粘り強く立ち向かい、どこまでも争う。粘り強く追及する。「納得するまで質問して―・る」
相撲で、相手の胸に頭をつけて前褌(まえみつ)を引き、腰を低くして組む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android