コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

だらり ダラリ

デジタル大辞泉の解説

だらり

[副]
力なく垂れ下がっているさま。「旗がだらりと下がる」
しまりのないさま。だらしのないさま。「暑さでだらりとする」「のんべんだらり
[名]だらり結び」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

だらり

だらりと結び下げる女もののの結び方。江戸時代から行われ,現在は京都の舞妓(まいこ)の間に残っている。これに似た丈の短い作り帯もだらりという。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

だらり

[2][3] ( 副 )
(多く「と」を伴って)
物がだらしなく、あるいは力なくたれ下がったさま。 「よだれが-とこぼれる」 「脱臼して手が-となる」
しまりのないさま。 「のんべん-と日を送る」
[0] ( 名 )
だらりと結び下げる帯の結び方。江戸時代の婦人の間に流行し、現在は京都の舞妓まいこなどの結び方に残っている。だらりのおび。だらりむすび。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

だらりの関連キーワード子どもの運動器の病気を見つける手がかり脳、脊髄、神経系の主要な症状バカガイ(馬鹿貝)子どもの脊髄炎のんべんだらりのんべんぐらりカキ(牡蠣)熱性けいれんニルバーナだらりの帯便便だらりオトシブミ膝蓋腱反射まだまだ橈骨神経陀羅尼鐘除脳硬直感情移入カーリー鐘ヶ岬

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

だらりの関連情報