コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋本英吉 はしもとえいきち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橋本英吉
はしもとえいきち

[生]1898.11.1. 福岡,吉富
[没]1978.4.20. 静岡,大仁
小説家。本名,白石亀吉。小学校卒業後,郵便局員,炭鉱員などを経て上京,徳永直を知りナップに参加,『棺と赤旗』 (1928) などの炭鉱労働者小説で認められた。 1932年検挙され転向,『炭坑』 (34) ,『欅 (けやき) の芽立』 (36) などで日本社会の底辺部をあばいた。第2次世界大戦後の代表作は『富士山頂』 (46) ,『三脚の鼎』 (71) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋本英吉 はしもと-えいきち

1898-1978 昭和時代の小説家。
明治31年11月1日生まれ。行商人,鉱山労務者などをへて博文館印刷(現共同印刷)の印刷工となる。徳永直(すなお)を知り,横光利一の影響をうける。プロレタリア文学運動に参加し,のち転向。戦後,「富士山頂」を発表。昭和53年4月20日死去。79歳。福岡県出身。本名は白石亀吉。代表作に「炭坑」「欅(けやき)の芽立(めだち)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橋本英吉
はしもとえいきち
(1898―1978)

小説家。福岡県築上(ちくじょう)郡吉富(よしとみ)町に生まれる。本名は亀吉。高等小学校卒業後、郵便局員、坑夫などを経て上京、共同印刷に入ったが、1926年(大正15)の争議で解雇。徳永直(すなお)、横光利一(よこみつりいち)と知り、『棺と赤旗』(1928)で坑夫小説の書き手として知られるようになり、リアリズムに徹した長編小説『炭坑』(1934)は代表作となった。ナップ派にあって活躍したが、のち転向。第二次世界大戦前では『欅(けやき)の芽立』(1936)、『衣食住その他』『坑道』(ともに1939)など、戦後では富士山での気象観測に苦闘する野中至(いたる)夫妻を描いた『富士山頂』(1948)その他の作品がある。[大塚 博]
『『日本現代文学全集89 橋本英吉他集』(1968・講談社) ▽国岡彬一著『橋本英吉の「炭坑」・「坑道」をめぐって』(『日本文学研究資料叢書 プロレタリア文学』所収・1971・有精堂出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

橋本英吉の関連キーワード昭和時代野中 至小説家野中至

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android