食通(読み)ショクツウ

大辞林 第三版の解説

しょくつう【食通】

おいしいものをたくさん食べていて、おいしいものについて詳しいこと。また、その人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くい‐かよい くひかよひ【食通】

〘名〙 食事自前でうこと。給金なしの自弁で、奉公などに通うこと。
※俳諧・天満千句(1676)六「山里の花にと急ぐ喰通ひ〈宗因〉 大工小屋にも春は来にけり〈武仙〉」

しょく‐つう【食通】

〘名〙 料理の味や知識に通じていること。また、その人。グルメ
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉三月暦「向島言問の長命寺の入口に在る桜餠と云へば、食通(ショクツウ)ならずともせめて名位は知らぬものはない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

食通の関連情報