コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食道損傷 しょくどうそんしょう Esophageal Injury

2件 の用語解説(食道損傷の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しょくどうそんしょう【食道損傷 Esophageal Injury】

 食道の中のけがで、機械的食道損傷、特発性(とくはつせい)食道破裂、マロリー・ワイス症候群の3つが代表的なものです。

しょくどうそんしょう【食道損傷 Esophageal Injury】

[検査と診断]
 胸部X線撮影を行なうと、縦隔(じゅうかく)に空気がたまる縦隔気腫(じゅうかくきしゅ)(「縦隔気腫/縦隔血腫」)、縦隔の拡大、胸水(きょうすい)の貯留などが写ることからほぼ診断できますが、確定診断には、造影剤を使ったCT検査、内視鏡検査などが必要です。
[治療]
 開胸して、損傷部位を縫合(ほうごう)し、胸腔(きょうくう)ドレナージ(胸腔に管を挿入しておいて、胸腔にたまる空気や胸水を排出させる)を行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

食道損傷の関連キーワード画像診断新弟子検査がん集団検診身体検査放射線技師間接撮影法食肉検査石田熊治郎マンモグラフィ検査CT検査

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone