コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食道損傷 しょくどうそんしょうEsophageal Injury

家庭医学館の解説

しょくどうそんしょう【食道損傷 Esophageal Injury】

 食道の中のけがで、機械的食道損傷、特発性(とくはつせい)食道破裂マロリー・ワイス症候群の3つが代表的なものです。

しょくどうそんしょう【食道損傷 Esophageal Injury】

[検査と診断]
 胸部X線撮影を行なうと、縦隔(じゅうかく)に空気がたまる縦隔気腫(じゅうかくきしゅ)(「縦隔気腫/縦隔血腫」)、縦隔の拡大、胸水(きょうすい)の貯留などが写ることからほぼ診断できますが、確定診断には、造影剤を使ったCT検査、内視鏡検査などが必要です。
[治療]
 開胸して、損傷部位を縫合(ほうごう)し、胸腔(きょうくう)ドレナージ(胸腔に管を挿入しておいて、胸腔にたまる空気や胸水を排出させる)を行ないます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

食道損傷の関連キーワード食道狭窄

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android