コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯塚小玕斎 いいづか しょうかんさい

1件 の用語解説(飯塚小玕斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯塚小玕斎 いいづか-しょうかんさい

1919-2004 昭和-平成時代の竹工芸家。
大正8年5月6日生まれ。父の琅玕斎(ろうかんさい)にまなぶ。昭和22年日展に初入選,29年特選。伝統をふまえながら独自の技法による作品を発表,日本伝統工芸展でも受賞をかさねた。57年竹工芸で人間国宝。平成16年9月4日死去。85歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は成年(しげとし)。代表作に「束ね編白錆花籃」「竹刺編菱繋文飾箱」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

飯塚小玕斎の関連キーワード竹工東家浦太郎(初代)勝城蒼鳳関晃田辺竹雲斎(2代)羽倉信也早川尚古斎(5代)原子公平前田竹房斎(2代)飯塚琅玕斎

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone