コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯塚小玕斎 いいづか しょうかんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯塚小玕斎 いいづか-しょうかんさい

1919-2004 昭和-平成時代の竹工芸家。
大正8年5月6日生まれ。父の琅玕斎(ろうかんさい)にまなぶ。昭和22年日展に初入選,29年特選。伝統をふまえながら独自の技法による作品を発表,日本伝統工芸展でも受賞をかさねた。57年竹工芸で人間国宝。平成16年9月4日死去。85歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は成年(しげとし)。代表作に「束ね編白錆花籃」「竹刺編菱繋文飾箱」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

飯塚小玕斎の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))[各個指定]工芸技術部門グリフィス石英岩ビダー牧野省三ICタグスマトラ島沖地震・津波イメルダ スタウントンバリー ボンズ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飯塚小玕斎の関連情報