コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯島春敬 いいじま しゅんけい

美術人名辞典の解説

飯島春敬

書家・古筆研究家。東京生。名は稲太郎。中村春堂に師事。手島右卿らと共に日本書道美術院を創設し、書道会隆盛の基礎を作る。また平安書道研究会を組織運営する他、日展参与、日本書道美術院・かな書道作家協会理事長、毎日書道展理事、全日本書道連盟名誉顧問等を歴任し、かな書道界の重鎮として多面的な活動を行った。著書に『飯島春敬全集』『日本名筆全集』等がある。平成8年(1996)歿、89才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯島春敬 いいじま-しゅんけい

1906-1996 昭和-平成時代の書道家。
明治39年12月18日生まれ。昭和20年日本書道美術院を創設し,戦後の書道界の再建と書道普及につくした。戦前から古筆の研究と収集で知られ,書道史などの著作を集大成した全集(全12巻)で,62年毎日出版文化賞特別賞を受賞した。妻はかな書で知られた飯島敬芳(本名・重子)。平成8年1月22日死去。89歳。東京出身。本名は稲太郎(いねたろう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

飯島春敬の関連キーワード手島右卿(てじまゆうけい)江川 吟舟金子 鷗亭飯島 春敬町 春草町春草古筆学

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android