コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯田正紀 いいだ まさのり

1件 の用語解説(飯田正紀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯田正紀 いいだ-まさのり

1708-1754* 江戸時代中期の歌人。
宝永5年生まれ。享保(きょうほう)12年加賀美光章(みつあき)とともに京都の姉小路実紀(あねがこうじ-さねえ)に和歌をまなぶ。のち郷里の甲斐(かい)(山梨県)で国学と和歌をおしえた。延享2年甲府の柴宮(しばみや)神社神職。宝暦3年12月9日死去。46歳。初名は台賢,正彦。号は玉山。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

飯田正紀の関連キーワード本多忠央和算和算と算額堀場製作所伊藤坦庵お染久松革堂十文銭代物替え関孝和

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone