コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯田総蔵 いいだ そうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯田総蔵 いいだ-そうぞう

1824-1865 幕末の武士。
文政7年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。側用人,若年寄をへて大番頭(おおばんがしら)となる。元治(げんじ)元年(1864)の天狗(てんぐ)党の挙兵に際し,藩主名代の松平頼徳(よりのり)にしたがい鎮圧にあたる。頼徳の水戸城入城の交渉のため那珂湊(なかみなと)から単身城内にはいるが,佐幕派の諸生党に幽閉され,慶応元年9月10日獄死した。42歳。名は正親。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

飯田総蔵の関連キーワードウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たちフォーレアメリカ合衆国史(年表)ルイマクドナルドマクレー浅田育輝ビルマ戦争グアダルペ・ビクトリア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android