コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯野城 いいのじょう

1件 の用語解説(飯野城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

いいのじょう【飯野城】

宮崎県えびの市飯野にあった要害の山城(やまじろ)。城の南方は川内川(せんだいがわ)に面し、東方と西方もその支流が流れ険崖になっており、北方は押建山が壁の役割を果たしている。1160年(永暦1)に、真幸院(まさきいん)司の日下部重貞が築いた。のち北原氏、島津氏の居城となるが、1615年(元和1)の一国一城令により廃城となった。本丸、二の丸、三の丸の主郭や見張り台、枡形、射場(いば)と呼ばれる遺構があり、長さ約10mの石塁も残っている。現在、亀城公園として本丸と物見曲輪(ものみぐるわ)が整備されている。JR 吉都線えびの飯野駅からバスで飯野下車。◇亀城、鶴亀城とも呼ばれる

出典|講談社
日本の城がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone