コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯高笠目 いいたかの かさめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯高笠目 いいたかの-かさめ

?-? 奈良時代の女官。
伊勢(いせ)(三重県)飯高郡から朝廷に出仕した采女(うねめ)。天平(てんぴょう)14年(742)親族が飯高君の氏姓をあたえられる。命婦(みょうぶ)から内侍となり,天平宝字5年光明皇太后の一周忌法要に列席し,正五位上。飯高諸高(もろたか)と同一人物とする説がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

飯高笠目の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android