コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯高諸高 いいたかの もろたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯高諸高 いいたかの-もろたか

698-777 奈良時代の女官。
文武(もんむ)天皇2年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)飯高郡の豪族飯高氏からはじめて朝廷に貢進された采女(うねめ)。宝亀(ほうき)7年従三位にのぼり,典侍(ないしのすけ)をつとめた。飯高笠目(かさめ)と同一人物とする説がある。宝亀8年5月28日死去。80歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

飯高諸高の関連キーワード内教坊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android