コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飽間光泰 あくま みつやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飽間光泰 あくま-みつやす

?-? 南北朝時代の武士。
播磨(はりま)(兵庫県)坂越(さこしの)荘の地頭元弘(げんこう)の乱では赤松則村・則祐(のりすけ)親子のもとで幕府軍とたたかった。文和(ぶんな)元=正平(しょうへい)7年(1352)から十数年間,矢野荘の公文職(くもんしき)などをめぐり東寺とあらそった。は「あきま」ともよむ。姓は別に斎藤。

飽間光泰 あきま-みつやす

あくま-みつやす

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

飽間光泰の関連キーワード南北朝時代播磨

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android