コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飽間光泰 あくま みつやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飽間光泰 あくま-みつやす

?-? 南北朝時代の武士。
播磨(はりま)(兵庫県)坂越(さこしの)荘の地頭元弘(げんこう)の乱では赤松則村・則祐(のりすけ)親子のもとで幕府軍とたたかった。文和(ぶんな)元=正平(しょうへい)7年(1352)から十数年間,矢野荘の公文職(くもんしき)などをめぐり東寺とあらそった。は「あきま」ともよむ。姓は別に斎藤。

飽間光泰 あきま-みつやす

あくま-みつやす

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

飽間光泰の関連キーワード南北朝時代播磨

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android