コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

養徳院 ようとくいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

養徳院 ようとくいん

1515-1608 戦国-織豊時代の女性。
永正(えいしょう)12年生まれ。池田政秀の娘。近江(おうみ)(滋賀県)の滝川恒利を婿にむかえ,天文(てんぶん)5年池田恒興(つねおき)を生み,同年織田信長の乳母となる。このため恒興は信長に厚遇され,養徳院は大御乳(おおおち)様と称され,諸侯から尊敬された。慶長13年10月26日死去。94歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

養徳院

没年:慶長13.10.26(1608.12.3)
生年:永正12(1515)
戦国・安土桃山時代の武家の女性。池田政秀の娘で,近江国(滋賀県)滝川恒利を婿にとり,天文5(1536)年長子恒興を出産,織田信長の乳母となる。夫恒利と共に信長に厚遇され,恒利の死後,恒興は重臣となり養徳院は大御乳様と諸侯から畏敬された。天正12(1584)年恒興が小牧・長久手の戦で戦死したとき,豊臣秀吉は養徳院に対し,恒興をみるつもりで筑前(秀吉)をご覧ください,と丁重な弔意を述べている。孫輝政の播磨国姫路城で死去。享年94歳。

(西村圭子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の養徳院の言及

【池田氏】より

…泰政から9代目の教依(のりより)の妻は,楠木正行に嫁いでそのたねを宿して正行の戦死後に教依に再嫁したといわれるから,教依の子教正は正行の遺腹の男とされ,ここに池田氏の楠胤説がうまれた。教正から5代目の紀伊守恒利は織田信秀に仕え,その妻養徳院は1536年(天文5)信秀の子信長の乳母になった女丈夫である。恒利の子恒興(信輝)は幼時から信長に仕え,尾張国犬山,摂津国大坂などに在城し,ついで秀吉に味方して美濃国大垣城主(13万石)となったが,84年(天正12)長久手の戦で嫡子之助とともに討死した。…

【池田恒興】より

…《寛政重修諸家譜》などは信輝とするが,この実名は確実な史料には見えない。母養徳院は織田信長の乳母。織田氏の諸征服戦に従軍,とくに1580年(天正8)摂津の荒木氏を攻めて勲功をたて,同国内で領知を与えられ,高山・中川・安部・塩川・伊丹衆を与力とし,翌年摂津軍団を率いて因幡鳥取城攻略の助勢を命ぜられた。…

※「養徳院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

養徳院の関連キーワード吉田 藤三郎吉田藤三郎高津 柏樹黄檗柏樹子池田恒興母曾我蛇足高津柏樹小栗宗継小栗宗湛池田氏宗湛宗継

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android