コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

養老天命反転地 ようろうてんめいはんてんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

養老天命反転地
ようろうてんめいはんてんち

岐阜県南西部の養老町の養老公園内につくられた庭園。美術家荒川修作詩人のマドリン・ギンズの構想を表現した建築実験作品ともいうべき大空間。1995年開園。敷地総面積 1万8100m2。迷路状の建物「極限で似るものの家」と巨大な窪地「楕円形のフィールド」のパビリオンで構成される。園内はほぼすべて傾いており,丘やくぼみなど不安定な地面をバランスをとりながら歩くことで,非日常的な感覚を味わうことをテーマとしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

養老天命反転地

岐阜県養老郡養老町にある現代美術のテーマパーク。1995年開設。現代美術家・荒川修作と、詩人・マドリン・ギンズによる体験型の野外アートのプロジェクト

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

養老天命反転地の関連キーワード岐阜県養老郡養老町養老公園岐阜県養老郡養老町養老(町)フィールド楕円形極限

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android