コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

饒田西疇 にぎた せいちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

饒田西疇 にぎた-せいちゅう

1772-1833 江戸時代後期の儒者。
安永元年11月27日生まれ。熊野正紹の子。桜木誾斎(ぎんさい)に漢籍をまなび,文化14年長崎聖堂助教となる。文政年間に長崎奉行の命をうけて「長崎名勝図絵」をあらわした。天保(てんぽう)4年4月14日死去。62歳。名は喩義。字(あざな)は君暁。通称は顕蔵,のち謙蔵。別号に実斎。著作はほかに「西疇耘筆」「海魚考」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

饒田西疇の関連キーワード噺本島津重豪都築弥厚イサベル[2世]しし座流星群シリア史カルリスタ戦争工場法天保の飢饉永楽屋東四郎(初代)

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone