コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香川修庵 かがわ しゅうあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

香川修庵 かがわ-しゅうあん

1683-1755 江戸時代中期の医師。
天和(てんな)3年7月1日生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)姫路の人。京都で古医方後藤艮山(こんざん)に,儒学伊藤仁斎にまなぶ。儒と医の本はひとつという儒医一本説をとなえ,また実験による薬効の裏付けの重要性を説いた。宝暦5年2月13日死去。73歳。名は修徳。字(あざな)は太仲。別号に一本堂。著作に「一本堂薬選試功」「一本堂行余医言」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

香川修庵の関連キーワード本居宣長(国学者、神道学者)衣笠梅居石崎文雅高橋文中赤松滄洲漢方医学戸田旭山小野寿軒都賀庭鐘鳥山崧岳相原友直香川南洋阿部北溟沼嘯翁あんま橘南谿天和

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android