コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香川悦次 かがわ えつじ

2件 の用語解説(香川悦次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

香川悦次 かがわ-えつじ

?-1924 明治-大正時代の新聞記者。
政教社にはいり,雑誌「日本人」に怪庵の号で政治記事を執筆。のち「万朝報(よろずちょうほう)」「やまと新聞」の政治部記者をつとめる。明治34年清(しん)(中国)へわたり,中国革命運動にもかかわった。大正13年死去。香川県出身。東京法学院(現中央大)卒。別号に静処,香菴,魁菴。著作に「支那旅行便覧」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

香川悦次

没年:大正13(1924)
生年:生年不詳
明治大正期の新聞記者,雑誌編集者。号は静処,香菴,魁菴,怪菴。香川県綾歌郡生まれる。上京して明治25(1892)年東京法学院(中央大学)を卒業。対外硬派の政治団体中央政社幹事を経て政教社に入り,雑誌『日本人』に記事を執筆。特に怪菴の号で連載した政界記事は評判を得た。明治末期には,新聞『日本』『万朝報』の政治記者となり,対外硬運動の活動に当たった。特に孫文らの南方派の中国革命運動の支援に深く関与した。大正期には,松下軍治の『やまと新聞』記者として政治の表裏に活動し,特に大浦兼武と近かった。

(有山輝雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

香川悦次の関連キーワード新聞記者IRE太田茂上島長久川尻東馬柴田かよ関如来野沢藤吉羽田浪之紹林儀作

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone