香椎浩平(読み)かしい こうへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

香椎浩平 かしい-こうへい

1881-1954 明治-昭和時代前期の軍人。
明治14年1月25日生まれ。昭和6年陸軍中将。10年東京警備司令官となり,翌年二・二六事件では戒厳司令官をかねる。皇道派に同調し,当初は反乱軍武力鎮圧に反対。事件の落着後に待命,ついで予備役となった。昭和29年12月3日死去。73歳。福岡県出身。陸軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android