コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香西元長 こうざい もとなが

2件 の用語解説(香西元長の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

香西元長 こうざい-もとなが

?-1507 戦国時代の武将。
管領(かんれい)細川政元(まさもと)の重臣。明応6年(1497)山城守護代となる。政元の跡目争いでその養子澄元(すみもと)を擁立した三好之長(ゆきなが)に,おなじ政元の養子澄之をたてて対抗。永正(えいしょう)4年政元を暗殺して澄元を京都から追ったが,澄元側に攻められ,同年8月1日澄之らとともに戦死した。通称は又六。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

香西元長

没年:永正4.8.1(1507.9.7)
生年:生年不詳
室町幕府管領細川政元の内衆,山城国(京都府)守護代。通称又六。讃岐国香川郡香西(高松市香西町)を本拠とする一族は南北朝以来細川氏の内衆となっていた。元長は明応6(1497)年に山城守護代となるが,その勢威を恐れた公家寺社は朝廷に働きかけて,武家伝奏勧修寺政顕に元長の公家寺社領への違乱を停止させるよう求めている。同7年12月,南山城に鷹狩を催した元長は郷民らの抵抗,包囲にあい,政元が内衆安富元家を派遣してこれを救出している。しかし,永正2(1505)年9月に元長が山城国中に半済を課し,抵抗した一乗寺,高尾などに放火した際には,政元はこれをとがめて攻撃したため同国嵯峨城に逃げ込んだ。翌年三好之長が政元に招かれて阿波より入京し,政元の養子澄元を擁して台頭してくると,元長は同じく政元の養子となっていた澄之を擁してこれに対抗した。同4年4月,丹波国出兵のため賀茂社社人を徴発するが,社人がこれに応じなかったため賀茂郷に放火。同年6月23日には薬師寺長忠らと連合して政元を暗殺,折から入浴中であった政元は不意を突かれて討死したという。翌日澄元,之長を襲って近江に走らせ,澄之を家督として政権を握る。しかし8月1日澄元を擁した細川高国,同政賢らの攻撃を受け,京都遊初軒において澄之,長忠と共に戦死した。わずか1カ月余の政権であった。

(森田恭二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の香西元長の言及

【香西氏】より

…細川政元の時代,洛中に常住し京畿に活動する〈上香西〉と,讃岐在地に蟠踞した〈下香西〉の2流に分かれた。〈上香西〉には一時強盛を誇った香西元長などがあるが,細川氏の衰亡とほぼ命運をともにした。〈下香西〉は讃岐勝賀城・佐料城などを居城とし,綾郡南条・北条,香東・香西などの諸郡に勢力を有し,戦国期には周防大内氏などとも結んだ。…

【半済】より

…(1)年貢公事などに対して半納の意味をもつ半済は鎌倉時代からみられるが,興味ある事実は,15世紀から16世紀初頭にかけて山城国や和泉国の百姓層による年貢減免(半納)動向を意味する半済である。山城の場合,土一揆(つちいつき)を自己の軍事力として組織しようとした香西(こうざい)元長が,土民への半済給付や京の下京への地子銭免除を行ったが,これらを背景に百姓層は年貢の半済(半納)を要求していった。和泉国日根(ひね)荘の百姓も,守護,荘園領主九条家に対し半済(半納)を要求している。…

※「香西元長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

香西元長の関連キーワード細川政国細川持之管領細川頼元三管領細川赤沢朝経上原元秀細川政賢安富元家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

香西元長の関連情報