香西氏(読み)こうざいうじ

世界大百科事典 第2版の解説

こうざいうじ【香西氏】

中世讃岐の土豪,武士。本姓は綾氏とも藤原氏ともいう。郡名香西(香川郡のうち西郡)を称していることから,国衙在庁に系譜をひくと思われ,鎌倉時代には幕府御家人となった。南北朝から室町時代には,香川,安富,奈良,薬師寺氏などとともに管領細川氏の被官(内衆(うちしゆう))として活躍した。細川政元の時代,洛中に常住し京畿に活動する〈上香西〉と,讃岐在地に蟠踞した〈下香西〉の2流に分かれた。〈上香西〉には一時強盛を誇った香西元長などがあるが,細川氏の衰亡とほぼ命運をともにした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香西氏の関連情報