コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安富 やすとみ

2件 の用語解説(安富の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安富
やすとみ

兵庫県南部,姫路市北西部の旧町域。揖保川支流の林田川上流域にある。 1956年安師村と富栖村が合体して安富町成立。 2006年姫路市に編入。山林が広く,製材業が行なわれ,果樹,花卉などの栽培が増えている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安富
やすとみ

兵庫県南西部、宍粟(しそう)郡にあった旧町名(安富町(ちょう))。現在は姫路(ひめじ)市の北西部を占める一地区。旧安富町は1956年(昭和31)安師(あなし)、富栖(とみす)の2村が合併、町制施行して成立。2006年(平成18)姫路市に編入。国道29号(因幡(いなば)街道)が通じる。中国自動車道が通り、近くに山崎インターチェンジがある。揖保(いぼ)川の支流林田川が南流し、中心地区の安志(あんじ)は江戸時代には小笠原(おがさわら)氏安志藩の陣屋町であった。農林業を行い、林田川の谷あいでは野菜の抑制栽培が盛ん。また、ユズによる町おこしが進められ、その加工品を生産する。林田川流域はゲンジボタルの保護地に指定され、上流には「鹿(しか)の壺(つぼ)」とよばれる甌穴(おうけつ)がある。皆河(みなご)の千年家とよばれる旧古井家住宅は室町時代の名主層の住居と推定され、国指定重要文化財の指定を受け、周辺は千年家公園として整備されている。光久寺の本尊の不動明王立像も国指定重要文化財になっている。[二木敏篤]
『『安富町史 通史編』『安富町史 史料編』(1994、1995・安富町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安富の関連キーワード兵庫県姫路市青山揖保川〈町〉兵庫県姫路市北今宿兵庫県姫路市北原兵庫県姫路市北平野兵庫県姫路市北八代兵庫県姫路市広畑区兵庫県姫路市北条兵庫県姫路市北条口兵庫県姫路市本町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安富の関連情報