コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬仙峡 バセンキョウ

3件 の用語解説(馬仙峡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ばせん‐きょう〔‐ケフ〕【馬仙峡】

岩手県北部、二戸(にのへ)市の南東にある峡谷。馬渕(まべち)川中流に位置する。男神岩(おがみいわ)・女神岩(めがみいわ)、大崩崖(おおほうがい)などで名高い景勝地で、折爪岳とともに折爪馬仙峡県立自然公園に指定されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕馬仙峡(ばせんきょう)


岩手県北部、馬淵(まべち)川中流部にある峡谷。延長約2km。白色の砂岩(さがん)層が浸食された断崖(だんがい)の大崩崖(だいほうがい)や、男神(おがみ)岩、女神(めがみ)岩などの巨岩が奇観を呈する。新緑・紅葉の景観に優れ、渓流釣りができる。折爪(おりづめ)馬仙峡県立自然公園の一部。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬仙峡
ばせんきょう

岩手県北部、二戸(にのへ)市にある馬淵(まべち)川の峡谷。馬淵川の大崩崖(おおほうがけ)から安比(あっぴ)川との合流点に至る約2キロメートルの峡谷。大崩崖は砂岩が侵食された変化に富んだ断崖で、対岸の上流には男神・女神の奇岩もあり付近は釣り場としても知られる。北上(きたかみ)高地北端の折爪(おりづめ)岳、二戸市南部の浪打(なみうち)峠などとともに折爪馬仙峡県立自然公園に指定されている。JR東北新幹線二戸駅から徒歩約30分。[金野一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

馬仙峡の関連情報