コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬仙峡 バセンキョウ

3件 の用語解説(馬仙峡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ばせん‐きょう〔‐ケフ〕【馬仙峡】

岩手県北部、二戸(にのへ)市の南東にある峡谷。馬渕(まべち)川中流に位置する。男神岩(おがみいわ)・女神岩(めがみいわ)、大崩崖(おおほうがい)などで名高い景勝地で、折爪岳とともに折爪馬仙峡県立自然公園に指定されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕馬仙峡(ばせんきょう)


岩手県北部、馬淵(まべち)川中流部にある峡谷。延長約2km。白色の砂岩(さがん)層が浸食された断崖(だんがい)の大崩崖(だいほうがい)や、男神(おがみ)岩、女神(めがみ)岩などの巨岩が奇観を呈する。新緑・紅葉の景観に優れ、渓流釣りができる。折爪(おりづめ)馬仙峡県立自然公園の一部。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬仙峡
ばせんきょう

岩手県北部、二戸(にのへ)市にある馬淵(まべち)川の峡谷。馬淵川の大崩崖(おおほうがけ)から安比(あっぴ)川との合流点に至る約2キロメートルの峡谷。大崩崖は砂岩が侵食された変化に富んだ断崖で、対岸の上流には男神・女神の奇岩もあり付近は釣り場としても知られる。北上(きたかみ)高地北端の折爪(おりづめ)岳、二戸市南部の浪打(なみうち)峠などとともに折爪馬仙峡県立自然公園に指定されている。JR東北新幹線二戸駅から徒歩約30分。[金野一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬仙峡の関連キーワード馬淵川馬淵川・馬渕川二戸[市]青森県三戸郡三戸町岩手県北上市相去町沼縁岩手県北上市飯豊岩手県二戸郡一戸町岩手県岩手郡葛巻町岩手県二戸市福地[村]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

馬仙峡の関連情報