コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折爪岳 おりづめだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

折爪岳
おりづめだけ

岩手県北部,北上高地北端にある山。標高 852m。二戸市九戸村の境に位置する。山体古生層粘板岩,チャートなどで,丘陵性の山頂からは岩手山八幡平八甲田山や八戸市街地,種差海岸が展望できる。付近に湧水があり,キャンプ場,市営宿舎,駐車場などが整備され,折爪馬仙峡県立自然公園に指定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おりづめ‐だけ〔をりづめ‐〕【折爪岳】

岩手県北部にある山。標高852メートル。周囲が丘陵地のため頂上からの眺望がよく、岩手山などを望むことができる。山頂付近はヒメボタルの生息地。馬仙峡とともに県立自然公園に指定されている。おりつめだけ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

折爪岳
おりづめだけ

岩手県北部、二戸(にのへ)市と九戸(くのへ)郡の境界にある山。標高852メートル。丘状の山で、古生層に属する水成岩からなる。山頂には雨乞(あまご)いの神を祀(まつ)る山居大権現(やまおりだいごんげん)があり、テレビ中継塔、キャンプ場などがあり、駐車場が整備されている。岩手山、八幡平(はちまんたい)、八甲田(はっこうだ)連山、八戸(はちのへ)港を一望でき、折爪馬仙峡(ばせんきょう)県立自然公園に指定されている。JR東北新幹線二戸駅から途中までバス便がある。[川本忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の折爪岳の言及

【九戸[村]】より

…北上高地北部の山村で,北西は二戸市に接する。北西端には折爪岳(852m),南部には平庭高原からつづく山々が連なり,中央を新井田(にいだ)川支流の瀬月内(せつきない)川が北流する。主産業は米,葉タバコ,酪農を中心とする農業で,近年は地域の特性を生かした高冷地野菜,リンゴ,クルミなどの生産が盛ん。…

※「折爪岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

折爪岳の関連キーワード九戸[村]二戸(市)

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android