コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬蠅 ウマバエ

デジタル大辞泉の解説

うま‐ばえ〔‐ばへ〕【馬×蠅】

双翅(そうし)目ウマバエ科のハエ体長約1.5センチ。体は赤褐色で、黄白色のが密生する。馬の毛に産卵し、かえった幼虫は、馬が毛をなめる際に体内に入り、胃壁寄生する。糞(ふん)とともに排出されると、土中に入ってさなぎとなる。幼虫を筍虫(たけのこむし)という。うまあぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うまばえ【馬蠅】

ハエ目の昆虫。体長1.2~1.4センチメートル。体は褐色の毛で密におおわれ、はねは透明で濃紫色の斑紋がある。ウマ・ロバなどの毛に産卵、幼虫は口から宿主の体内にはいり胃に寄生。筍たけのこ状になって排出され、土中で蛹さなぎとなる。うまあぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

馬蠅 (ウマバエ)

学名:Gastrophilus intestinalis
動物。ウマバエ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

馬蠅の関連キーワードはね斑紋宿主褐色

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android