コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子殺し コゴロシ

デジタル大辞泉の解説

こ‐ごろし【子殺し】

自分の子供を殺すこと。また、その人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

子殺し【こごろし】

哺乳(ほにゅう)類における共食いの一形態。一般に生息密度が高くなると共食いが起こり,特に幼い個体が捕食される例は珍しくない。しかし,それとは違って,ハヌマンラングールほか数種のサル,チンパンジー,マウンテンゴリラ,ライオンなどでは,群れの第1位オスが交代した際に,積極的な子殺しが見られる。
→関連項目血縁淘汰

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

子殺し

古典落語の演目のひとつ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

こごろし【子殺し】

自分の子供を殺すこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

子殺しの関連キーワード論文日本の自殺の要旨児童虐待防止法行動生態学社会生物学ファウストラングール古典落語ラミア捨て子自分

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子殺しの関連情報