コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬返し ウマガエシ

デジタル大辞泉の解説

うま‐がえし〔‐がへし〕【馬返し】

登山道で、道が険しくなり乗ってきた馬を返す所。富士日光などに地名として残る。(こま)返し。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うまがえし【馬返し】

登山道で、道が急に険しくなり、乗ってきた馬を引き返させて、徒歩になる地点。駒返し。 〔多く地名として残る〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬返し
うまがえし

峠路の麓(ふもと)によくみられる地名。富士や日光などのものが代表例としてあげられる。そこまでは牛馬もこられるが、先は道が険しくなって徒歩以外は進めなくなる所をさす。牛馬が折り返す地点となることから生じた名称である。類似の地名としてあげられるのが「軽井沢」で、そこまで馬に積んできた荷物を、人の背にくくり付けて運ぶ=「かるう」ようになる場所であることを示すものである。
 なお、「馬返し」の名称は、神社・仏閣などの境内に付されることもある。聖なる場所へは獣類を入れないためで、そこで馬から降りるとされたことに由来する。その地点が俗界と聖界の境目とみなされたわけである。[胡桃沢勘司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

馬返しの関連キーワード駒返し牛馬

馬返しの関連情報