コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬返し ウマガエシ

3件 の用語解説(馬返しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うま‐がえし〔‐がへし〕【馬返し】

登山道で、道が険しくなり乗ってきた馬を返す所。富士・日光などに地名として残る。駒(こま)返し。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うまがえし【馬返し】

登山道で、道が急に険しくなり、乗ってきた馬を引き返させて、徒歩になる地点。駒返し。 〔多く地名として残る〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬返し
うまがえし

峠路の麓(ふもと)によくみられる地名。富士や日光などのものが代表例としてあげられる。そこまでは牛馬もこられるが、先は道が険しくなって徒歩以外は進めなくなる所をさす。牛馬が折り返す地点となることから生じた名称である。類似の地名としてあげられるのが「軽井沢」で、そこまで馬に積んできた荷物を、人の背にくくり付けて運ぶ=「かるう」ようになる場所であることを示すものである。
 なお、「馬返し」の名称は、神社・仏閣などの境内に付されることもある。聖なる場所へは獣類を入れないためで、そこで馬から降りるとされたことに由来する。その地点が俗界と聖界の境目とみなされたわけである。[胡桃沢勘司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬返しの関連キーワード壮年期地形峨峨奇崛奇峭岨伝い馬留め嶮し踏み跡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

馬返しの関連情報