コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馴れ鮨 なれずし

1件 の用語解説(馴れ鮨の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

なれずし【馴れ鮨/熟れ鮨/馴れ鮓/熟れ鮓】


塩漬けにした魚を飯とともに漬け込み、乳酸発酵によって酸味をもたせたすし。酢は用いない。発酵が進むと飯はどろどろになり、飯は食べないで魚だけを食べるものであったが、のちに粒が残る程度に比較的浅く発酵した飯をつけたまま魚を食べるもの、さらに魚の腹に詰めるなどした飯もともに食べるものも作られるようになった。飯を除いて魚だけを食べるものを「ほんなれ」、ともに食べるものを「なまなれ」と区別することもある。また、魚を飯および麹(こうじ)・野菜とともに漬け込むものを「いずし」といい、飯や野菜も食べるのでなまなれの一種ともいえるが、これとは別のルートで日本に伝わり広まったものといわれる。こんにちでは、いずれもなれずしといい、各地の郷土料理見られる。なまなれであることが多いが、ほんなれでは滋賀のふなずしが、いずしでは石川・金沢のかぶらずし、秋田のはたはたずしなどが知られる。なお、酢を用いるものでも、ある程度の期間発酵させる製法のものをなれずしということもある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馴れ鮨の関連キーワード酢漬飯鮨鮒鮨梅漬寒漬山川漬塩漬け沖漬け寒漬けチャンジャ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone