コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馴れ鮨 なれずし

1件 の用語解説(馴れ鮨の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

なれずし【馴れ鮨/熟れ鮨/馴れ鮓/熟れ鮓】


塩漬けにした魚を飯とともに漬け込み、乳酸発酵によって酸味をもたせたすし。酢は用いない。発酵が進むと飯はどろどろになり、飯は食べないで魚だけを食べるものであったが、のちに粒が残る程度に比較的浅く発酵した飯をつけたまま魚を食べるもの、さらに魚の腹に詰めるなどした飯もともに食べるものも作られるようになった。飯を除いて魚だけを食べるものを「ほんなれ」、ともに食べるものを「なまなれ」と区別することもある。また、魚を飯および麹(こうじ)・野菜とともに漬け込むものを「いずし」といい、飯や野菜も食べるのでなまなれの一種ともいえるが、これとは別のルートで日本に伝わり広まったものといわれる。こんにちでは、いずれもなれずしといい、各地の郷土料理見られる。なまなれであることが多いが、ほんなれでは滋賀のふなずしが、いずしでは石川・金沢のかぶらずし、秋田のはたはたずしなどが知られる。なお、酢を用いるものでも、ある程度の期間発酵させる製法のものをなれずしということもある。

出典|講談社
日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone