コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駆風薬 くふうやく

2件 の用語解説(駆風薬の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

くふうやく【駆風薬】

胃腸内にたまったガスの排出を促進する薬。通例、精油など芳香性の薬が用いられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くふうやく【駆風薬 carminative】

胃腸内にたまったガスを排出させ,ガスによる圧迫感を除く薬物をいう。おもに精油や辛味成分を含む生薬などの芳香健胃薬が用いられる。芳香をもち,刺激性のある物質は,嗅覚(きゆうかく)と味覚を介して反射的に,または直接胃粘膜を刺激して,胃の分泌機能の促進をおこしたり,胃腸管の運動を亢進する。胃腸管の運動の亢進により,たまったガスは体外に排出される。主として茴香(ういきよう),桂皮,生姜(しようきよう)(ショウガ),薄荷(はつか),トウガラシなどを用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

駆風薬の関連キーワードガス発生炉ガス田ガス井ガスマットガス炉宿便温室効果ガス排出権駆風剤腸内ガス腹部鼓脹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone