コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駐車禁止取り締まり強化 ちゅうしゃきんしとりしまりきょうか

知恵蔵の解説

駐車禁止取り締まり強化

道路交通法が改正され、2006年6月から違法駐車の取り締まりが厳しくなった。これまでは警察官が違法駐車を見つけたら、車のタイヤと路面にチョークで印をつけて、一定の時間が過ぎたら違反として処理していた。新制度では取り締まりは民間に委託される。都道府県公安委員会の講習を受けて、試験に合格して資格を取った駐車監視員は全国に1580人おり、駐車時間の長短に関係なく違反を処理する。監視員の活動は各都道府県警本部がホームページなどで公開しているガイドラインに沿っており、定められた路線や地域、時間帯で重点的に取り締まる。旧制度下では違反者の約3割が反則金を払わずに逃げ切っていたため、新制度は運転者が払わなかった場合に、車の持ち主も反則金と同額の「放置違反金」を納めなければならなくなった。応じなければ、運転禁止が命じられたり、車検を受けられなくなったりする。新制度導入直後の警察庁の調査では、東京都内では主要道の渋滞延長が約4割減少し、大阪市中心部では渋滞時間が5割以上減少。新制度を受け、コンビニエンスストアや宅配業界は、運転手を2人にしたり、有料駐車場との契約を拡大するなど、対策を進めている。

(平栗大地 朝日新聞記者 / 松村北斗 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

駐車禁止取り締まり強化の関連キーワード意匠アイスランドの要覧アイルランドの要覧アルゼンチンの要覧アルバニアの要覧イラクの要覧エストニアの要覧エチオピアの要覧オーストリアの要覧カーボベルデの要覧

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone