駑鈍(読み)ドドン

デジタル大辞泉の解説

ど‐どん【×駑鈍】

[名・形動]才がにぶく、知恵が足りないこと。また、そのさま。愚鈍。
「虐王に遇うても叛を謀らざるが如き、―なる根性とは」〈永峰秀樹訳・代議政体〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どどん【駑鈍】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
才知がなくにぶいこと。愚かで働きのないこと。また、そのさま。 「 -なる根性」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android