騰波之江(読み)とばのえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

騰波之江
とばのえ

茨城県西部,小貝川流域にあった沼沢地。南北約 5.5km,東西約 2kmと推定される。かつて湖沼であったが干上がり,耕地となる。現在の下妻市筑西市に及ぶ範囲。古く『常陸国風土記』『万葉集』にその名がみえる。寛文年間 (1661~72) 小貝川改修工事の一環として流路のつけ替えが行なわれ,米作を主とする新田村が成立した。周辺台地のへりには奈良時代初期の寺跡,中世の城跡などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android