コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

驚起 キョウキ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐き〔キヤウ‐〕【驚起】

[名](スル)おどろいて起きること。
「警鐘の声のみを以て、充分に彼等を―せしむる能わざるを憂いしが」〈竜渓経国美談

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうき【驚起】

( 名 ) スル
驚いて飛び起きること。 「喇叭ラツパを吹き立てしめければ大に人民を-したり/経国美談 竜渓

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android