コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨シンチグラフィー こつシンチグラフィー scintigraphy of bone

2件 の用語解説(骨シンチグラフィーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

骨シンチグラフィー
こつシンチグラフィー
scintigraphy of bone

放射性同位元素を用いて骨の異常部位をシンチグラム上に描画する核医学画像検査法。骨スキャンともいう。腫瘍,炎症,外傷などの病巣部では放射能集積が増加する。骨の腫瘍のほか,炎症性病変や骨折などでも陽性像が得られ,X線写真に出ないほど小さな異常でも発見できることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

骨シンチグラフィー【こつシンチグラフィー】

骨の状態を診断する検査法。腕の静脈より,骨に付着しやすいアイソトープを含んだ試薬を注射し,シンチスキャナーあるいはシンチカメラによって骨に付着した試薬の濃度分布をみることによって,骨の状態をみることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

骨シンチグラフィーの関連キーワード放射性同位元素放射性同位体ラジオアイソトープウラン鉛法シンチスキャナー天然放射性同位体放射性同位核放射性同位元素を使った検査非放射性同位体放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

骨シンチグラフィーの関連情報