コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨正月 ホネショウガツ

3件 の用語解説(骨正月の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほね‐しょうがつ〔‐シヤウグワツ〕【骨正月】

西日本で、二十日正月(はつかしょうがつ)のこと。魚の骨まで食べ尽くすことからの称。 新年》「ものがたき―の老母かな/虚子

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

骨正月

関東の一部、西日本から九州にかけて行われている行事で、二十日正月七日正月、団子正月、二十日団子などの別称がある。正月の祝いに用意した塩鰤(ぶり)などの骨を、大根などと粕汁にして食べたので骨正月という。正月六日の夜から、七日の朝を節日とするところでは、刺のある樹枝、蟹の鋏のような尖ったものを戸口に挟み、炊いた粥に指の爪を浸したのち、爪を切る(七草爪という)。これは邪気、災禍を祓う呪い。正月用の魚をこの日までに食べてしまい、残った骨は正月最後のご馳走になる。東京の下町では、新巻鮭や干鱈で煮凝(にこご)りを作る。
乞食の骨正月や霙降る\大釜菰堂

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほねしょうがつ【骨正月】

主に西日本で、正月20日の称。正月も終わりに近づき正月用の魚の骨まで食べてしまうことからの名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

骨正月の関連キーワードアカシジミ達磨市西日本火山帯梅雨(2007年)雲仙躑躅鹿島流し北木石胡麻斑蝶溝貝しのはらプレスサービス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone